朝焼けの中を飛ぶ飛行機

ドリンクサービスではどういうものが出てくるのか?

飛行機の機内サービスの代表的なものと言えばドリンクサービスではないでしょうか。国内の航空会社もLCCなどいろいろな会社がありますので、ドリンクサービスが無料でなかったりもします。ただ、JALの場合は格安の航空券で搭乗したとしても、ドリンクサービスは無料になります。ドリンクサービスはどういうものが用意されているでしょうか。

ソフトドリンクが提供される

普通席の場合でも無料できちんと提供されます。
飛行機の中は乾燥しますので、ドリンクがあると安心できます。いろいろなソフトドリンクがありますので、希望のものを客室乗務員に伝えればコップに注いでくれます。
具体的には、JALオリジナルドリンクであるスカイタイムキウイやアップルジュース、コカ・コーラ、冷緑茶、コーヒー、コンソメスープ、ミネラルウォーター、アイスコーヒー(夏季限定)、温かい緑茶(一部路線では提供されていない)の中から一つ選ぶ形になります。
クラブJではこれだけでなく、オリジナル煎茶や伊藤園ビタミン野菜も選ぶことができます。
ファーストクラスではこれらのソフトドリンクだけでなく、日本酒やシャンパンなどのアルコール類も提供されます。
これらの飲み物に加え、機内販売でちょっとした軽食なんかも揃えれば中々の贅沢感が出ますね。

コーヒーには徹底的にこだわる

コーヒー豆とカップ
コーヒーについてはコーヒー豆について知り尽くしているコーヒーハンターの川島良彰氏と焙煎抽出のスペシャリストの石脇智広氏をアドバイザーに迎えて共同開発したオリジナルのコーヒーです。
オリジナルのコーヒーですので、JALに搭乗しないと飲めないコーヒーであるのは間違いありません。
機内で美味しいコーヒーを飲むためには気圧やスペース、時間、コストなどの条件をクリアしないといけません。
ただ、JALが無料で全クラスにおいて美味しいコーヒーづくりを目指したという点で意味があります。
コーヒーについて興味があるならば、ぜひとも飲んでみてください。

ドリンクサービスをやっていない路線もある

国内の場合は距離が短い路線も多数ありますので、そういう路線についてはドリンクサービスが行われていないです。
具体的には羽田名古屋便や羽田山形便、伊丹出雲便、琉球エアコミューター全路線などが該当します。

ドリンクサービスを楽しみにするのもいい

格安の航空券で搭乗したとしてもドリンクサービスは無料で飲むことができます。
普通席であればソフトドリンクしか提供されませんが、こだわりのコーヒーやスカイタイムキウイ、コンソメスープなどJALならではのものもありますので、こういう機会に飲んでみるといいです。

≪ 前の記事:
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 大手の航空会社も安く乗りたい!格安航空券をJALで使うには All Rights Reserved.